資料館でアートを発表したらどうなる?「パープルーム大学附属ミュージアムのヘルスケア」展のレビュー

資料館でアートを発表したらどうなる?「パープルーム大学附属ミュージアムのヘルスケア」展のレビュー

美術手帳のウェブ版に寄稿した「ヘルスケア」展のレビューです。

「梅津庸一が主宰する美術の共同体「パープルーム」が現代美術とそれに隣接する領域に携わっている人々の作品を収集し、茨城県常陸太田市の郷土資料とともに展示する展覧会「パープルーム大学附属ミュージアムのヘルスケア」が、茨城県常陸太田市郷土資料館梅津会館で開催された。」

https://bijutsutecho.com/magazine/review/18582

The Internet Landscapes of Kazuki Umezawa (Published on Hyperallergic)

The Internet Landscapes of Kazuki Umezawa (Published on Hyperallergic)

風間天心のアートと、僕がシミュレーションとしてビート・ジェネレーションを生きようとした事の関係性をめぐって

風間天心のアートと、僕がシミュレーションとしてビート・ジェネレーションを生きようとした事の関係性をめぐって